6月雑記

 身体に染み付いた季節感と違和感があり過ぎるままあっという間に'19年も折り返しの月になりました。正直なところ新元号とか余り興味がないですが、新たな天皇陛下は同学年なので嫌でも自分の年齢を意識させられる感じです。実際のところは体力の衰え等は日々感じていますし、気が付くと薬嫌いの自分が継続的に毎日薬を飲むようになりました。

 何年前だったか、工房を構える家の裏手の雑木林に蝶が大量発生して雪が舞っている様に見えるほどで驚いた事がありました。そこまでではありませんが、同じ感じの蝶が近隣に沢山飛んでいます。相模湖の周辺の道路は雑木林が多いのでその蝶が比較的低空で飛んでいて車で移動していると当たるような高さでひらひらしているので気をつけてはいるのですが多少は犠牲にしてしまっているかもしれません。

 昨日も高齢者の運転する車の大変な事故が報道されていましたが、私も相模湖に移り住んでから2度程ペダルの踏み違えで怖い思いをした経験があります。何れもちょっとしたはずみでブレーキペダルのつもりでアクセルに触ってしまったのがきっかけでした。最初は引っ越して間もない自宅の駐車スペースにバックしている時でその時は自宅の建物に衝突してしまい修理費が高くつきました。

 2度目はスーパーの駐車場でしたがやはりバックで駐車スペースに向かっている途中で切り返しのためにブレーキを踏んだつもりでアクセルペダルにつま先が引っかかってしまい想定以上の速度で意図とは逆に向かって動いてしまい、かなり焦りました。先の経験があったので頭では理解しているのですが、身体はブレーキを踏んでいるつもりなので焦って止まろうと思うほどにアクセルペダルに掛かった足の力を抜く事が出来ずに困りました。

 駐車しようと思っていたスーペースの横に駐車していたクラウンに向かって加速していたので咄嗟にサイドブレーキを思い切り引いて減速してパニック状態から脱してようやくアクセルに掛かっている足を離すことが出来て何とか事無しを得ました。ちょうどその時期に買い物用に購入したマニュアルの軽乗用車をメインで乗るようになってからその車種のその型が気に入ってしまい現在のは同型の2台目で高価な自動車税を支払いながら現在に至ります。


Slte24f  基本的に工房の作業はRoom314の工程のページにアップさせていただいていますが、ちょっとしたリペアや加工等はお客様にお断りして掲載せずに作業をうけたまわる事もあります。画像は数年前にオーダー製作させていただいたSLTEですが、指板材のエボニーが動いてネック材との接ぎ目に段差が出来るほどになっていた事とボディの打痕修正で修理のご依頼をいただきました。

 オーダー製作のギターは特にフレットのバリはお渡しした最初の冬位には必ずと言って良いほど出てしまう症状です。当工房ではフレットのバリの処理は基本的にサービスで作業をさせていただいております。このモデルは同様の症状を他のショップ等で処置されてその後も指板の段差が解消しないと言う事で作業をご依頼いただきました。

 とても大事にお使いいただいている様子で修正をいただきました打痕はありますが、かなり綺麗な状態でとても嬉しく感じオーナー様には感謝です。指板とネック材の段差は割れを生じるまでには至っておりませんでしたので、磨いて塗装をしなおして平滑にすることが出来ました。もう一件のご依頼の打痕の修正はボディカラーがブラックな事もあって概ね問題なくタッチアップ出来ました。

 作業のためにパーツを取り外したついでに各部のクリーニングをしてボディも全体に空バフを当てて気になる細かい部分も修正して組み戻して再調整しているところです。当工房の基本仕様の調整は比較的低めの弦高だと思いますが、このSLTEはさらに低くてバズ気味になる位のセッティングで驚きました。弦を張りなおして大分落ち着いてきた感じでお預かりした時の状態に戻ってきていますので間もなくお返しできそうです。

 前回の記載でご案内したFRについての記事は記載途中で、少し長くなりそうなので2回位に分けて近日アップ予定です。Room 314の再構築については現在のページはそのままにして、販売と製品紹介のHPを新たに製作する方向で検討中です。それにしましても予定以上に作業が進められずアイデアが出難いのは年齢の影響でしょうか...。 

|

新元号・・・

19reiwa

 月初に記載する予定が半ば近くになってしまいました。画像は5月1日に撮影したもので改元初日の朝です。遠くの山々が霞んでいたので、道の向こうの高速のフェンスとの間のフェンスとネットで囲まれた家庭菜園とすっきりしない空だけです。

 Room314も開設から20年近くなってページのスタイルが古臭いだけでなくて、雑然としていて工房や製品のコンセプトや特徴も分かり難くなって単なる怪しいギター工房の販売サイトの様な感じになっているのは気になっているのですが、アイデアも浮かばず作業も少し行き詰っている感もあって少々悩み深い感じになっています。

 こちらのページも工房を運営する私の生存確認に近い感じで、特に読んでいただく価値もなく惰性で月に一度は日常や風景をダラダラと記載するだけになってしまっています。

 DG工房はミディアムスケールを基本仕様にしているエレキギター工房ですが、最近はショートスケールにも力を入れてカスタムオーダー製作をしています。大手カスタムギター製造メーカーの工場に勤務していた際に、お客様のご要望を製作者が直に伺って製作する事ができればよりご希望に副えると良いのではと思っていたこともコンセプトのひとつです。

 元々はジェフベックが持っていたレスポールモデルに憧れて、ギブソン系のギター好きになりミディアムスケールに拘りを持つようになったのがきっかけですが、高校生の頃にはエレキギターの情報はとても少なくて音楽誌の記事位しかなかったので、パープルエクスプレスという故成毛滋先生のAMラジオの番組を秋田でフェーディングと戦いながら必死に聴いて知識を得ていました。ですので当然その影響はかなりあります。

 番組ではST-314やSTM,STSが紹介されましたが、ミディアムスケールでもギブソン党で、当時はストラトには興味がありませんでしたので購入には至りませんでした。当時は国産のエレキギターメーカーでも多数のオリジナルギターが販売されていて、その中からミディアムスケールモデルを探し出して購入したのはAria ProⅡのPE-R80でした。そんなギターの紹介もこちらのページに記載していこうかと考えています。

Fr55pp

 画像はフェルナンデスのFR-55と言うモデルです。ショートスケールのモデルですが、実はこのモデルは製作をオーダーいただいてお預かりさせていただいて初めて知りました。ですので工房を開設してから入手したギターになります。最近はメーカーのHPでカタログをアップしてくれていますが、それによりますと'86年からラインアップされています。FRと言うモデルはユニークな構成で同一ボディでロングスケールの24フレットが主力になっています。

 次回はこのショートスケールのFR-55についてこちらのページでご紹介させていただこうと思います。合わせてスケールについてや当工房のネック単体製作や当工房のオリジナルギターのご案内等も合わせてさせていただく予定です。所有するFRシリーズのモデルは3本ありますが、何れもハードオフのジャンク品として入手したものです。片寄った内容にはなりますがショートスケールのギターに関心がある方にはお愉しみいただけるかもしれません。

|

新年度

 工房を開設して20年近く経過しているので4月で年度が改まるという感覚は殆どなくなってしまいました。齢を重ねる毎に日時の経過が加速する感じで気付くと今年で還暦を迎えます。巷では元号が変わると大騒ぎですが、個人的には余り関心がありません。ちなみに令和天皇は早生まれですが同級生になります。

 一昨年亡くなった義理の母は清川妙先生を高校生の頃から師事して万葉集には造詣が深かったのですが、ご自身の名前にも元号が含まれているのでご存命であれば、色々と伺えたのではと残念な想いもあります。私は若い頃は元号法制化反対で左系の考え方でしたが最近は平成天皇のご活動を敬意を払える心情になってきました。

 この冬は暖冬傾向でしたが、いつもと様子が違って冷え込みは厳しくなかったものの日中の日差しは例年よりも少なく寒々しい印象です。季節が変わってきて桜が開花する頃になっても春らしい暖かさは続きません。工房を構える家は山間部にあるため冷え込みも厳しくてまだ朝夕は暖房が必要なので灯油も追加で購入しました。

 先月末には家の前から中央道の向こう側に見える桜が開花しましたが、遠くの高い山には3月に降った雪が残っているのが見えます。今朝眺めてみてもまだ少し白く見える気がします。家の周りには猿が出没したり雉が家のすぐ裏で鳴いたりと自然豊か?な地域です。近隣のお宅では所有する土地に夜間に警告等の様なものを並べていたりLEDに変わった街路灯で深夜でも明るくて正直なところ煩わしい感じがしますが、裏腹に野生の動物は以前より近くに来ているような気がします。

 最近は猿は余り見かける事がなくなりましたが、深夜に道路沿いのゴミ集積所に行くと狸の様な生き物に恫喝?されたりします。今朝は出勤した連れ合いが家を出て直ぐに目の前をそこそこ大きい猪が悠然と通過したとメールしてきました。数年前に行き場を無くした小型犬位の猪が軒に潜んでいた事があったのですが、それくらいでもかなりの力で地面を深く掘ったりしていたので気をつけなくてはなりません。

 年度や元号がどうあろうと、自然や環境は以前とは大きく変わってきているように思います。極端から極端に変動する事が多いので対策は難しくなっていますが、出来る限りはしなくてはと思います。今年はさらにあっという間に経過してしまった3ヶ月でしたので、今更ながら日々を漫然と過ごさないようにしなくてはと思います。

 などと言いながらRoom314も昨年末から更新できていません。Yahooショッピング店も制度が変わりましたので新たに申し込むかヤフオクで販売するか等検討中です。長期在庫になっている販売中の製品は平成最後のセールでさらに値下げしましょうか...。

|

春・・・

 今年もあっという間に3月になってしまいました。今年は特に季節感が良く分からない感じで経過した気がしていて、朝夕の冷え込みが厳しくないわりに日中が例年よりも寒く感じた変な冬でした。

19ume
 家の裏側にある梅ですが、幹だけになっても伸びる枝からは花が咲いています。数日前からはようやく鶯の声が聞こえるようになりました。道路沿いの梅の木々にも白い花をつけていますが、見渡す山の景色は私には何故か秋から冬に向かっている風景のように感じられます。

 今朝、居間の床に何かあるのを見つけたのですが良く見ると小さなヤモリでした。自然化?している家の周りには沢山いるのですが、時々家の中に入り込んでいます。動かなかったのですが寒さのためか動きが鈍くなっていただけのようでした。

 通常は10センチ近いのですが、まだ小さくて摘むのも気を遣いましたが、捕まえて手の中に入れると意外に大人しくしていました。せっかくなので窓から外に出す際に撮影したのですが、暖かいのが気に入ったのか自分からは動きませんでした。

19yamori
 それがその時の画像です。苦手な方は申し訳ありませんが見慣れてしまっているためか私には可愛く思えます。さすがに爬虫類をペットにしようとは思いませんが、愛好する気持ちは何となく理解出来ます。

 私の短くて不細工な指も初公開です。一瞥でギターを弾くには不向きなのが分かると思います。元々がレスポールが好きだったのでギブソンスケール愛好者ですがご覧の通りで指が太いのでナット幅が狭いのは苦手です。

 数日前、Room314の更新作業をしているPCにハードディスク交換の表示が出てしまいました。数ヶ月前から起動に時間が掛かって動きが悪くなっていたのですが中古ながらそれ程酷使していなかったので想定外でした。

 基本的なデーターは保存しましたが、更新作業は少しの間滞るかもしれません。久々に色々と調べて修復を試みています。メールや掲示板の対応は問題ありませんので、お問い合わせ等はお気軽にどうぞ。
 
 

| | トラックバック (0)

1ヵ月

 考えていた以上にあっという間の1月でした。昨年末からの右肘の痛みは随分と緩和されましたが、まだ動かすと痛みがあったり痺れが残っています。発症した頃はフレットを切るのに左手を添えなくては難しく木地を磨くことも辛かったのでそれを思うと作業が出来るだけでも十分です。

19moon 
 冬至を過ぎて暫く経ちますが毎朝目覚める時間はまだ日の出前です。それでも寝室の東側の窓の雨戸の隙間からは空が白んで見えます。そんな1月の終わりの朝に雨戸を開けると日の出前の明るくなりかかっている空に月がはっきりと見えていました。

 夜には雪になって2月1日の朝には積雪もあると予報されていましたが、夕方の雨は8時過ぎには大粒の雪になっていました。山間部の工房のある相模湖辺りはある程度積もるのではと思ったのですが、日付の変わる頃に外に出てみると既に止んでいました。多分大して積雪は無いと思いながら就寝しました。

19snow 
 これが今朝の玄関前の風景です。土の上や屋根には3センチ程度積もっていましたが、道路には無い状態でした。画像では正面が真っ白になっていますが、雪では無くて相模湖から立ち上っている霧のようなもので太陽が昇る頃には消えています。

 平成最後の年末年始は、今までは無かった利き腕の痛みだったので不安でしたが、何とか作業が出来るまでに回復しました。接骨院も週2回程度のペースで通院して受けた電気治療のお陰だと思います。結構な電圧なのですが、確実に症状が変わるのでそれだけでも精神的にかなり安心感があります。

 慢性的な納期遅れもありますが、体調が安定してきているので以前から比較するとかなり安定的に作業を進められるようになっています。オーダー製作以外では、ISCシリーズのミディアムスケール22フレットとショートスケールの22フレットが今月中には販売予定です。

 2月は4週間しかないので、あっという間に経過してしまいます。まだまだ無理は利かない状態ですが、コンスタントに作業を重ねていきたいと考えています。一月遅れになりますが、それが今年のテーマです。体調自体は気をつけてもコントロール出来ないですが、可能な限り意識して過ごしたいと思います。



 

|

あけましておめでとうございます

 本年もよろしくお願いいたします。全く年末の感覚がないままにあっという間に新年に突入してしまった感じです。12月になってから右肘の痛みが作業に差し障るくらいになってしまったのでさらに慌しい感じでした。

 工房を開設してからの18年はあっという間に経過してしまった様で気付くと今年で還暦を迎えてしまいます。相模湖に移り住んで2度目の亥年になります。

19myozyo
 この数日、目覚めて雨戸を開くと目に入るのが明るくなってきた空に見える三日月でした。気になっていたのは何故か一度治った乱視が復活したのか月が3重くらいに見えていた事でしたが、その横にもうひとつ光っている星がある事に気付きました。

 それが宵の明星と言われる金星で、画像は元旦の今朝のものです。左下が明るく見えるのは初日の出が上がりかけているためです。晴れ渡っているように見えたので今年の初日の出を見る事が出来るかと思ったのですが、残念ながら東の地平線の方をみると残念ながら雲が広がっていました。

19hatsuhinode

 雲が無ければプレシャーフォレストの観覧車が日差しを受けてきらきらと輝くのがみえますが、今年は稜線?に掛かる雲の上に上るまで初日の出の日差しを受ける事はありませんでした。丸く見える観覧車の右側の巨大な足場のようなのがマッスルモンスターです。

 相模湖に移り住んだ当時は名称がまだピクニックランドで何となくノスタルジックな雰囲気もあったのですが、富士急グループ傘下になってからはイルミリオン等で来客数が増えて最近は温泉施設も追加されたようです。

 私が長年通っていた温泉施設はポンプのトラブルから長期休館になってしまったのですが、首周りの調子も良くなり足が遠のいていたので特に行ってみようとも思わなかったのですがこのところの右腕の不調で再び温泉施設に通う事も考えたりしています。

 一時は塗装のガンを持つのも厳しかったのですが、最近は吹き付け作業も可能な位には回復してきました。今年も正月三が日は休業予定ですのでその間休めて回復に努めようと思います。

 作業はお休みしますが、今年は帰省等はしませんので、自宅兼工房には居りますのでその間のお問い合わせ等は可能な限り対応いたします。幸いタイピングしても痺れや痛みで続けられなくなる事はありません。

19kingasinnen
 新年らしく紅白のギターを並べてみました。ようやく高校生の頃にデザインしたギターも形になってきました。左は長期在庫になりつつあるショートスケールのジャズマスターです。縮小したジャズマスターと比較しても分かり難いですが、コンパクトでバランスの良い感じに仕上がってきました。

 元々はカーブドトップ仕様で初期の試作品はレスポールと同様の構成だったのですが、ボディ厚を薄めにして少しずつカッタウェイ周りのデザインを変更して、セットネック予定からボルトオンにしたりしてまだ試行錯誤中です。

 こちらは十数年経過してトップ材に接ぎ割れが生じてしまったりしているので、もう少し手を入れてから販売予定です。ちなみに画像の赤いギターもトラブルでトップ材を貼りなおしています。アルダーバックでメイプルのドロップトップと言う不思議な構成です。

 他にもいろいろと仕掛品もありますので、ご紹介していきたいと思います。気になるものがありましたらお気軽にお問い合わせいただければと思います。本年もDG工房、Room314をよろしくお願いいたします。

 

 
 


| | トラックバック (0)

12月?

 昨日は最高気温が20℃位までになりました。今日も殆ど暖房要らずで明日の日中は10度に届かない予報です。例年この時期は首周りから腕にかけて痛みや痺れが出るのですが、今年は例年と異なるパターンから上半身が不快な感じです。

18dec 
 異常な暖かさではあるのですが、寒暖の差が大きい為か、工房を構える傾斜地から眺める風景は例年以上に紅葉が綺麗に見えます。画像は今朝撮影したものですが、雲は低く垂れ込めてはいますが冬のそれとは違っている風にも見えます。

 ガソリンの高値も落ち着いていつも入れているスタンドは130円台になりました。寒さの備えで1缶だけ灯油を購入したら18ℓで1,500円を切る価格でとても得した気分になりました。確かに先月購入したよりは150円近く安いですが、まだまだ以前のレベルまでは下がっていない感じです。

Frbr フレットのバリ取りのご依頼をいただきました。冬場は乾燥するのでどうしても材が痩せるので面取りの角度を浅くしているネックは落ち着くまで暫くは処理が必要です。

 丁寧な梱包で工房に発送いただきましたギターはとても大事にしていただいている様子でとても綺麗ですが、弾き込まれている感じでだいぶ鳴ってきている印象です。

 生鳴りにつきましては色々とご意見があると思いますが、個人的にはある程度は生音が大きいのが好みです。エレキギターのサウンドにボディ材が占めるのは比率としてはそれ程ではないかもしれませんが、意外にキャラクターを決める要因の様に思います。

 この辺りは人それぞれお考えや拘りがあると思いますが、そのような多様な感覚がエレキギターの愉しみにつながっていると考えています。同じ材、同じパーツ構成で製作した同一のモデルでも個体差があり、優劣ではなくて演奏者の好み等でそれぞれがベストなギターになり得ます。

 元々はレスポール好きから始まってミディアムスケールのギターが好きで長年エレキギター製作に携わってきました。先日同様にミディアムスケールを愛するお客様のご提案で日本のミディアムスケールモデルについてお話をしようという事でGrecoのSPFについて語り合いました。

 Room314は構成が煩雑になってしまっているので、私の所有している何本かのミディアムスケールやショートスケールのギターについてをここに記載する事も考えたりしています。近年は情けないことに気力と体力の衰えを痛感していますが、熱さを思い出す意味でも出来る限り記載したいと考えています。

 とりあえず長年所有しているPE-R80から記載できればと思っています。近年再生産されたりしていますが、所有しているモデルは最も初期のモデルでマツモク製のオールメイプル仕様です。

 とは言ってもなかなかアップするには至らないと思いますが、ともかく最低月一回は生存確認的な事は記載していく予定です。まずは平成最後の大晦日に向けて作業等を中心としてラストスパートです。

 

 
 
 

| | トラックバック (0)

11月

 季節と気候が噛み合わないままに今年もあと2ヶ月を残すばかりになってしまいました。朝夕の冷え込みもあり秋めいてきた感じになってきました。先月末に買い物帰りに給油をしようとスタンドに向かって走行中に違和感のある風景に遭遇しました。

18sakura11gatsu_2
 先週末に接骨院の帰りに再び同じ道を通って確認するとやはり見間違えではなかった様なので脇道に駐車してデジカメを持ってその公園に行ってみました。道路沿いにあるその桜と思しき樹には綺麗なピンク色の花が咲いていました。広場の奥にある数本も同様に花を咲かせていました。

 ニュースで季節外れの桜の開花が伝えられていましたが、まさか実際に自分の身近に同様な現象が発生しているとは思いもよらないことでした。工房を構える家は中央道の際の傾斜地にあるのですが、土砂災害特別警戒区域になっているようで基礎調査をするという告知がポストに入っていました。

 相模湖町に移り住んだ当初に台風の後に部落内の道が崩れた土砂で暫く通行止めになったことがありましたが、最近の自然災害は以前に増して想定をはるかに超えている事が当たり前のように起こっていますし、十分な備えは難しいにしても当事者になるかもしれない事は想定しなくてはとも思いました。

At 
 作業中にYouTubeの音だけを作業場で聴いたりしていたのですが、そんな中で少しハマってしまったのがアンディ・ティモンズでした。シグネーチャーモデルは本人を知る前にIbanezのカタログを見てJEMのシェイプで’54ストラト風で2トーンサンバーストでメイプル1PネックのSSHが気になっていましたがギタリストには特に興味はありませんでした。

 YouTubeを観てギタリスト何人かを集めた画像で引っかかって音源やライブを観るようになりましたが、国内ではCDの入手もなかなか出来なくて調べるうちにファンサイトのようなものからご本人のサイトで販売しているのを知りました。このアルバムがサイン入りで販売しているという情報があって思わずポチってしまいました。
 以前CAMELのサイトからDVDを購入した際に思いがけずアンディ・ラティマーがサインしてくれていたのが嬉しかったのでその記憶もあって衝動的?に購入してしまったのですが、CDの購入も久しぶりでした。リミックスなので音も良く名曲 Cry For Youのカラオケバージョン入りでした。

 今月も取り留めない生存確認的な記載になりました。Room 314の工程のページではオーダーいただいている製品の進行状況を更新していますが、在庫や試作の製作も進めています。長期間販売しているモデルも手を加えたり価格の変更等も考えていますので時々覗いていただければと思います。
 

| | トラックバック (0)

台風

 9月30日に本州を2分する様に縦断した大型の台風はチャーミーと命名されたらしいです。午後9時位から強風が吹き始めて就寝する頃には雨が雨戸に真横から当たっているような暴風雨になっていました。

 時折強くなる風雨は家の壁に何かがぶつかっている様で窓際のベットは揺さぶられる感覚すらありました。何度目かの強風の衝突?のタイミングで停電したのが分かりました。程なく復旧しましたがその後の感じた何度目かの強風とともに停電した辺りで眠りに落ちました。

 目覚めると静けさを取り戻して雨戸を開けると穏やかな空が見えましたが、停電は復旧していませんでした。久々の停電でしたが改めて日々の生活で電気とインターネットの占める割合の大きさを感じました。

 昼過ぎまで待ちましたが、停電が続いていたので予定していた用事を済ますため外出しました。神奈川県はかなりの戸数が停電していましたが、その頃には相模湖駅から橋本にかけては特に停電している様子もなくて風で飛ばされた小枝等が道路脇にところどころ散乱しているくらいでした。

 唯一気付いたのは、時々行くスーパーの看板が大きく傾いていた位で軽く食事をして帰宅した頃には停電は復旧していました。ちなみに朝目覚めて恐る恐るみた作業小屋の屋根も一部が少しだけ捲れあがった状態でしたが、それ以外は浸水が少し多かった程度で殆ど被害はありませんでした。

 台風一過の1日は30度超えの暑さでしたが今日は湿度も低くて快適な晴天でした。月一度は記載するつもりのこのブログも結局先月は記載する事が出来ませんでした。夏バテはしなかったものの猛暑の疲労は蓄積していたようで特にどこが具合が悪い訳ではありませんでしたが、全てが効率が悪い感じであっという間に経過してしまいました。

18tokage 
 画像は9月に記載する際に載せようと思っていたものです。数年前から家の台所の窓の蛍光灯の明かりに集まってくる蛾を狙って夏場には多い時には5.6匹は張り付いています。特に爬虫類好きではありませんが、見慣れると意外に可愛くすら思えてきます。

 長年こいつ等はトカゲだと思い込んでいたのですが、先日何かの拍子で調べてみるとヤモリであることが判明しました。確かに時々見るニホントカゲの様に魚のようにキラキラした外観ではなくて地味な色合いですが当初は同じ固体が変化すると勝手に納得していました。どうも妙に思い込みが強く頑固なところがありこの歳になり反省させられました。


18spider
 夏が終わるとヤモリは姿を現さなくなり変わりに家の周りに出現するのが蜘蛛です。今年は家の周りに5組ほど確認しました。多分女郎蜘蛛の一種だと思いますが、ヤモリの事もあり自信がありません。女郎蜘蛛で検索する画像とは少し違っているような気もします。

 大きいのが雌で下に見える小さいのが雄らしいですが、ひとつの巣に数匹の雄がいます。駐車場の脇の軒下の良く通る場所に2組の巣があったのですが、あの強風にあおられて昨日は跡形も無くなくなっていました。

 何組かは強風にも巣が飛ばされること無く残っていましたが、今朝見ると少し違った場所にそれぞれがまた巣を再建?していました。それにしてもこの蜘蛛はあっという間に成長して大きくなります。

 そしてもう暫くするとヤモリと同様に一斉に姿を消してその頃には秋も深まっています。ヤモリ以上にこの蜘蛛は苦手だったのですが、身近に見ているうちに特に嫌悪する事もなくなってきました。

 最も苦手だった蛾ですが、最近はだいぶ慣れてきました。ギターメーカーの2番目の勤務地が同じような山間部でさらに山奥に寮があってそんな場所でしたので朝夕には玄関の蛍光灯に多数の蛾が群がっていたので気にしていては生活できない環境だったのを思い出します。

 1ヵ月記載が開いてしまったので、とりあえず思いつくままに記載してみました。Room 314の工程のページと合わせて生存確認ではありませんが、月に一度位はとりとめなく思いついた事を書き連ねる予定です。HPが収集つかなくなりつつありますので、ギター関連の記事もこちらにとも考えていますがなかなか手が回りません...。

 台風は25号も上陸の恐れがあるようですが、改めて出来る限りの供えは必要だと感じました。豪雨や地震等で被災された方々はまだ避難されていたり不自由な生活を余儀なくられている方も沢山いらっしゃると思います。今回の台風も含めまして被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。
 

| | トラックバック (0)

酷暑お見舞い申し上げます

 台風の接近のためにこの数日は多分平年に近い暑さになって一息入った感じです。先の豪雨で被災された地域では大変な暑さが続いているようで心よりお見舞い申し上げます。

18mars_2
 寝室の窓のほぼ正面にオレンジ色の星が大きく輝いて気になっていたのですが、先日ニュースで最接近するというので撮影してみました。実際には月の輝きに近い明るさです。

 8月1日は与瀬神社の湖上祭で相模湖で花火大会が開催されます。昨年は雲行きの怪しい中開催されて途中から土砂降りになり中止されたと記憶していますが、今年は良い天気で無事に開催されました。

18hanabi
 こちらも上手く撮影出来ませんでしたが、通常の花火では中央道の向こうの木々の上から少し見える程度ですが、尺球クラスならば2階の窓のほぼ正面に開いた花火を観る事ができます。ベランダにカメラを出したのですが、十数分程度で滝のような汗で開いたところを数枚撮影できたところで冷房のある室内に退散しました。

 作業場のドア周りと玄関脇にある柘植の幹には今年も蝉が脱皮して気付くと抜け殻は5~6個程張り付いたり枝に付いたりしています。作業小屋を建てた数年間は室内で十数匹が脱皮していたのですが、まだ地中に居るようです。

 気温が高すぎて蚊が少ないと言う話を聞きますが確かに今年は作業場であまり刺されない気がします。作業中に足元や腕に痒みを感じると集中出来ずに困りますが、今年は暑さで集中し過ぎると生命の危険も感じるほどなので連続しての作業は1時間程度に押さえて休憩を取るようにしています。

 いつもならば温室状態の作業場から家に戻って扇風機の風を受ければ一息つけていたのですが今年はまるでファンヒーターの温風のようで、あまり休憩になりません。来客がなければ昼間はエアコンは作動させた事がありませんが、30℃台半ば近くなるようならば今月は使うことも考えています。

 先日、作業場に戻る時にふと家のポンコツをみるとリアウィンドウに見慣れないものが付いていました。長さは十数センチはあるでしょうか、見事なカマキリでした。近くに寄って撮影したのですが、全く気にする様子も無くこの状態です。

18kamakiri
 今夜半には台風13号が工房のある相模湖に最接近する予報です。出来る限り東寄りjに進んで洋上を通過してくれる事を願うばかりです。台風一過は再び最高気温が35℃前後の予報が続いています。
 私は殆ど夏バテの経験がなくて、食欲が落ちることもなくて逆についついアイス等を食べるのでその分体重増加してしまう事が多いのですが、今年は久しぶりに手が出てしまっています。それでも疲労感は例年以上に感じていて寝苦しい中気付くと疲労のためか朝まで爆睡ながら目覚めるとダルさが残ります。

 世界的な温暖傾向の様で今月は暫くこの尋常でない暑さが続く様です。体調には注意しながら乗り切っていきましょう。

| | トラックバック (0)

«暑中お見舞い申し上げます