« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

陸の孤島

15taifu11 早朝に強い雨音に目が覚めました。まさにバケツをひっくり返した様な降り方で、暫く雨どいの清掃もしていなかったので玄関の浸水を心配しましたが、何とか大丈夫でした。それでも午前9時半過ぎには近くの20号が指定雨量を超過して通行止めになりその後中央道も通行止めで暫くはまさに陸の孤島でした。

 木工作業をする小屋はちゃんとした物置なのですが、急激に大量の雨が降ったためか基礎のブロックあたりから浸水していて床に置いていた木材が濡れてしまい片付け等であまり仕事になりませんでした。塗装等の小屋はさすがに厳しくて仕掛品は避難させていたのですが、スペース不足なのでトラブルの無いように移動させるのが大変でした。

 夕方近くになって帰宅難民対策で日中は運休していた中央線も動き出して道路も封鎖を解除したようですが、大垂水は夕方から通行止めを開始したようです。いずれにしろ明日の午前中までは台風の影響の雨には注意が必要のようです。明日は接骨院の予約をしているのですが、通行止めが解除されていればと思います。

 ついでなので、安保関連法案の強行採決について一言記載してしまいます。学生の頃であれば法案自体にも断固として反対したものと思いますが、歳を重ねて日和ったのか柔軟になったのかそれ自体には寛容になっています。賛成とまでは言いませんが納得せざるを得ない事とも考えています。

 ただ、度し難く思うのは武力行使や侵略を行使するかもしれない野蛮な勢力に対する為の国の方針を決定するのに、法律無視で国民の意志を尊重せず納得させようともしないままでの強行採決は恥ずべき行為だと言わざるを得ないと考えています。

 民主主義で法治国家であるはずの日本が中枢を担う人々のお考えの正しさを拠り所に強引に方針を決定する事は、丁寧な説明も十分な議論もしていると言う言葉だけをどれほど重ねようとも支持を失うだけです。後にその正当性が証明されようとも同じ事と思います。

 民意を意に介さない振る舞いは独裁政治を行う“国”と変わらない姿勢です。この採決は本質的に“大本営発表”とどこが違うのでしょうか。国会で決定してしまえば、その法律は法治国家ゆえに国民を縛ります。

 もちろん、ものの見方には両面ありますので何れが正しいともいえない事も理解しています。結果的に決断が正しいと証明されれば問題はないと言う考え方もある事も分かります。ただ、私は「目的は手段を神聖としない」と言う言葉を座右の銘としていますので、力を持つものが手段を選ばない行為をするのには憤ってしまいます。

Dk10nt 殆ど読者がいらっしゃらないのを良い事に遠く離れた台風の影響で作業に支障をきたしたストレスの発散をさせていただきました。万一目に触れた方がいらっしゃいましたら笑って読み捨てていただければ幸いです。

 画像のギターは概ね仕上げているのですが、なかなか販売するまで進める事ができずにいます。ピックアップは直付け風のエスカッションレスです。これ以外に3本程木工工程から塗装工程の途中にあります。さらにユニークなモデルばかりですので時々Room314を覗いていただければと思います。

 

|

7月

 久々に太陽が見えたと思ったら急に夏になった様な気候です。今日は作業場で立っているだけで汗が滴ってしまい頭にタオルを巻かないと仕事になりませんでした。汗かきには木工作業は不向きな季節です…。

 今月の初めは父親の一周忌で秋田に帰ってきました。実家は秋田市ですが私は帰省の時しか居ませんでしたのでお寺の場所も分からないので2日ほど前に帰って下見等をしました。一日空いたので四半世紀ぶりに高校まで過ごした大仙市に行ってみました。

 秋田市から大曲に至る以前の主要道路はバイパスに取って代わられていて、遠い記憶にある市街地まで辿り着くのに一苦労しました。当時の大曲市には幼稚園から高校まで過ごしましたが、自転車で徘徊していた記憶を乗用車で辿るのは大変な上に、二十数年ぶりの訪問では薄れた記憶の風景の多くは変わってしまっていました。

Ojh 卒業した中学校の近くには、今も付き合いのある友人の実家があるのですが、何度か訪ねた事のあるはずの場所には辿り着けませんでした。中学校も通っていた当時の校舎は既に建て替えられていました。

 当時住んでいた父親の勤めていた会社の社宅も既に無くて、あったと思しき場所付近を一回りしてみましたが、断片的な記憶と一致する場所はありましたが、位置を確信するに至らずに懐かしさを感じることは出来ませんでした。大嫌いだった高校は周りの風景が変わっている中で校舎は変わらなかったように思いますが、車を止めることも無く帰路につきました。

 一周忌の法要を従兄弟達に集まってもらい無事に行うことが出来ました。父親は晴れ男だったのか、天気予報とは裏腹に雨が降ることはありませんでした。昨年の葬儀の際も晴天続きでした。5日夜に相模湖に帰って暫くは太陽を見ることなく肌寒い位の気候で殆ど日照時間が無かったのですが太陽が見えたら、とてつもない暑さになりました。

 今日は午前中に買い物等で車を出したのですが、エアコンの効きが悪く思えるほどの暑さでしたた。スタンドで給油ついでにオイル交換をしてもらい帰る途中で車が妙な流れになっていて合流する際に見ると中央分離帯の植え込みの中に男性とスクーターが倒れていて周囲の人が救護に駆け寄っているところでした。

 さらに家の近くに向かう途中でも合流地点で接触か追突したと思しき数台がハザードを点けて降りて話し合いをしていました。急激に暑くなって集中力が低下してしまったのかもしれません。さらに注意して運転して帰って来ました。

 ようやく塗装工程を進められると準備していると残っていると思っていたポリ系のサンディングシーラー が硬化して使えなくなっていて慌てて発注しました。週半ばからは天気が下り坂なのでその前には吹き付けたかったのですが、難しいかもしれません。

 今年の前半は体調不良で殆ど動けなかったのですが、接骨院と温泉通いの効果で作業先月の半ば以降からは殆ど問題がなくなりました。まだ痛みを感じない日常を送れる有難さを感じています。首の違和感は残っているので月一程度は通院予定です。

 工場などでは一度閉鎖してから再び立ち上げるには、かなりの時間と労力が必要なのですが、個人で運営しているので中断は問題ないと考えていました。しかし意外に大変で、ペースを掴むのに少し時間が必要な感じです。作業スペースを塞いでいる在庫等も進めながら製作をご依頼いただいているギターを進めていきます。

|

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »