« 師走 | トップページ | 緊張 »

謹賀新年

 元旦は休んで2日以降半休モードでいるうちに5日になりました。私にとって昨年は最悪の一年になりました。一昨年の暮れから半年以上左腕から首にかけての痛みで接骨院と温泉に通って、痛みから開放された後半は作業のトラブルが多くて対応に追われているうちに年が明けてしまった感じでした。

 一昨年は父が亡くなり、昨年は体調不良で初詣には2年続けて行きませんでした散々だった昨年のイメージを払拭すべく年明けで気分を一新する意味も込めて3日に高尾山に行ってきました。初詣は参拝客が少なくなる三が日を過ぎてから夕方近くに出掛けたのが殆どで人手の多い頃にに出掛けたのは、かなり久しぶりです。

16hatsumoude 混雑する高尾山口駅から雑踏を搔き分けて昼過ぎには山麓駅に到着しましたが、既に建物の外までケーブルカー待ちの列が延びていました。リフトの切符を購入して30分程度並び山上駅から人混みを歩いて薬王院の本殿近くまで辿り着くとまた列がありました。

 事故防止の為の入場規制をしていて並ばないと境内には上れません。恒例の北島三郎とファミリーの植樹寄付の名前を掲示している辺りから小一時間程かけて少しずつ進んで賽銭箱に辿り着く頃には少しうんざりしてしまいましたが、新たな年の家族の健康と安全を祈願してきました。

 本殿前で参拝する順番を待つ間に見上げると久々に見る紺碧の青空に幟が伸びていて撮影したのがこの画像です。暖冬なので3月末の陽気でしたが、それでも山なので用心の為ダウンを着込んでいったので少し額に汗しながらのお参りでした。

 猿園などに寄らなくても家に帰れば時々野生が徘徊しているので足早に通過して恒例の干支が描かれている升酒を購入して連れ合いに飲ませて、その間にリフトの整理券をもらいにいくと案の定下りも30分弱の待ち時間でした。

 晴れ渡っていましたが気温が高い為か遠くは少し霞んでいました。そんな景色を殆ど眺める事なく忙しなく下山しましたが、高尾山口に戻るのに3時間近く掛かりました。以前から犬を連れている方は少なくないと思っていたのですが、今年はそれ以上に外人さんが多かった気がします。

 久しぶりに降りた高尾山口駅はリニューアルして綺麗になっていて隣接して極楽湯という日帰り温泉施設も出来ていました。ミシュランの☆を獲得して集客力が上がって圏央道が開通してからは時々通過していましたので賑っているのは知っていましたが、駅から寂れた感じが無くなっていたのには少し驚きました。

 相模湖に移り住んでからあっという間の15年でしたが、予想を遥かに越えて変化が大きかったように思います。高尾山口付近も圏央道の開通で、15年前とは全く変わってしまいました。また、私自身は想像以上に事故の後遺症が長引いていますがそれ以上に加齢による体調の変化が気になってきました。

 ギター工場に勤務した当初の上司は今の私と同年代でしたが検品を依頼すると「見えない」といって断られたのが当時は理解できませんでしたが今は痛いほど判ります。この数年はスケールの目盛りを見るのが苦痛な事もあります。痛風の発作で苦しんだり時々計測する血圧も高くなっていたりしています。

 それでも、いまだに自分が高齢になっている自覚がなく、その気持ちの変化が不思議な感じです。同年代と思しき方々を見ても自分が同様な風体である事を忘れていることが少なくありません。頭髪もかなり薄くなってきました。気付くと後数年で還暦!を迎えます。

 昨年の様な酷い状態にはならないとは思いますが、歳を重ねてさらに考えている様な動きが出来なくなっていきます。今年は今出来うる限りの事を確実に進める事を心掛けたいと思います。

 引き続き、工房開設の際に考えていたミディアムスケールをメインとしてカスタムオーダー製作をしていきます。価格も可能な範囲で頑張りたいと思っています。今年もよろしくお願いいたします。

 

|

« 師走 | トップページ | 緊張 »