« 2016年11月 | トップページ | 2018年2月 »

寒中お見舞い申し上げます

 昨日、降雪してから初めて外出しました。今年はスタッドレスタイヤに交換しているので、多少残っていても安心かと考えていたのですが、日陰の裏道では路面に凍りついた雪が轍を作るくらいに残っていました。

 工房を構える家は標高300メートルくらいの山間部にありますが、起床して居間でファンヒーターを点ける時には室温が氷点下で流しの水道は凍結しかかっていて蛇口を開けて1分くらいは水が出てきません。
18kousetsu_2
 冬至が過ぎて少しずつ日が長くなっていて、雨戸を開ける頃には東の空が明るくなってきました。画像は雪が降った翌朝の日の出の頃に撮影したものです。目線の先に雲のようなものが掛かっていても違和感がなくなってきてしまいました。
 右下がりのフェンスの下は中央道でその向こうの木々の先には相模湖があって太陽が昇っている対岸の山にはプレジャーフォレストの観覧車とマッスルモンスターが日差しを浴びているのが見えます。
 相模湖に移り住んでからこれほどの寒さは初めてです。作業場のバケツの水には何日か前から、触ったくらいではビクともしない厚みの氷が張ったままです。

 作業場で暖を取るために導入したカセットコンロのストーブは、気温が低すぎると気化しにくくなるためか消えてしまうことが多いので最近は練炭コンロが大活躍です。

 昨年の11月辺りから酷かった身体の痛みは、だいぶ落ち着いて通常の生活には支障が無くなりました。体調不良になったり痛みが出る度に普通に健康で居ることの価値を思い知らされます。
 
 早くも来週半ばから2月です。この寒さで雪が消えずに残っている中で再び予報に雪のマークがついています。暦では4日が立春ですが、例年以上の厳しい寒さはもう少し続く感じです。

 工房を開設してあっという間に17年経過してしまいました。気合だけでは乗り切れない年齢になってきました。あまり外出しませんので巷で流行しているインフルエンザ等はともかく、風邪をひいたりしないよう注意して作業を進めようと思います。

 
 

|

18年

18hatsuhinode かなり久々の更新です。一年以上放置してしまいました。何度か記載を試みましたが、結局アップすることが出来ずにいました。最近ようやくこちらに向かえる精神状態になってきました。年が明けたのを機会にまた最低月一回程度の更新をしていければと考えています。

 画像は今朝撮影した2018年の初日の出です。工房を構える家の寝室から撮影したので、右横にはプレジャーフォレストの観覧車があってその隣がマッスルモンスターと言うアトラクションの施設です。イルミリオンが人気で相模湖駅も賑わう様になってきましたが、こちらは高所恐怖症の私にはお金を貰ってもお断りしたいアトラクションです。

 この観覧車は工房を開設した当時は相模湖ピクニックランドでしたが、現在は富士急グループになりプレジャーフォレストに名称が変わっています(イメージキャラクター?は変わらずパディントンベアみたいです)。マッスルモンスターはふと気付くと観覧車の横に出来ていた感じでした。
 同じところから撮影した画像は工房の紹介のページにもアップしてありますが、当時よりもデジカメの解像度も飛躍的に向上して引き伸ばしてもそれ程荒さも感じません。その頃はもちろんマッスルモンスターはありませんでした。
17kanransya_2
 格段に綺麗な画質になりましたが、同じ場所から撮影すると、いつの間に追加されたのか高速道のフェンスに悪趣味で無粋な有刺鉄線が設置されてしまっていて、それ越しにしか撮影出来ません。そんな訳で先ほどのページの画像も変更していません。
18syoukaiちなみに工房紹介のページの画像と同じ感じでトリミングするとこんな感じです。殆どズームしていない画像ですが比較するとサイズも大きく観覧車の一つ一つがはっきりと見えて木々の枝の細かい感じも分かります。画像を比較すると2,000年に移り住んでから18年の時間の経過とその間の技術の進歩が分かる感じがします。
18keinenhenka 工房を開設して最初に製作したのがミディアムスケールのストラトタイプでした。長らく居間に放置していた試作を久々に引っ張り出してみました。オールラッカー塗装のボディは見事な?クラックでモザイク風になっています。エイジング加工をするまでも無く十数年放置するとラッカー塗装はそれなりに経年変化します。
 ちなみに、現在の工房で製作しているギターは同じニトロセルロース系のラッカー仕上げですが、画像のギター程には経年変化し難いタイプに変更しています。
 取り止めなく記載してしまいましたが、久々なのでご容赦ください。とは言いましても、以前やこれからもあまり変わらない内容です。ですので、こんな奴がギターを製作しているのかと何となく思いながら時々覗いていただければと思います。
 こちらのページも出来る限り更新していきたいと思います。何はともあれ今年もRoom314とDG工房をよろしくお願いします。
 

| | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2018年2月 »